新着情報

お知らせ

外食のときに見るもの

外食の機会が多い季節。. 料理を選ぶときに欠かせないのがメニューですね。 そこで今回は、メニューについて書いてみました。 もともと小さい(MUNU)が、手短な説明書きだったことから、メニューと呼ばれるようになりました。 レストランが最初に誕生したのは18世紀末のフランスです。 19世紀前半に印刷されたものが登場。 印刷された最初のメニューは、大きな見開き1枚の形式であり、 隅から隅まで小さな文字で料理名が記載されていました。 その頃から新聞が台頭し始めたころで、メニューも新聞の影響を受けました。 19世紀中ごろになると革のカバーの付いた小冊子形式に変わります。 これは当時のフランスがデュマやフローベルといった大文豪を生んだ小説の時代であったからです。 そして20世紀初頭は1枚の紙に戻ります。 そして華やかなデザインに変化しました。 それにはポスターが大きな影響をもたらしています。 メニューは、その時代の影響を色濃く受けています。 最近ではタブレットを使ったメニューも登場しています。