スタッフブログ

スタッフブログ

揚げ油の温度の目安

2017/12/13

今朝、TVで女子高生に串揚げ店が人気だと放送されていました。

 

そこで今日は、揚げ油の温度の目安について書いてみました。

 

揚げ油の温度はパン粉や衣を落として、浮き上がるまでの時間で温度が分かるといいます。

 

底まで沈み、少ししてから浮き上がってこれば「低温」で約160度です。

 

根菜や厚みのある肉、油通しや低温と高温の2回に分けて揚げる物の1回目に適した温度です。

 

パン粉や衣が底まで沈まず、油の深さ半分まで沈んでから浮き上がるのが

 

「中温」の約170度から180度。

 

一般的な揚げ物の温度になります。

 

衣を落とすとすぐに表面に散るようであれば「高温」の約190度。

 

2度上げの仕上げや魚のから揚げなどに適しています。

 

揚げ油は強火で早く熱すると、酸化して痛みが早くなります。

 

長持ちさせたいときは、適温になるまでゆっくり弱火でいきましょう。

 

ページトップへ