新着情報

お知らせ

地酒

GWですね。   お酒を飲む機会も多いのではないでしょうか。(自分だけ)   酒屋やデパートなどで独自に集めた地方のお酒がずらりと並んでます。   地酒イコール、手造りで作られる個性溢れるいいお酒というイメージ。   地酒という言葉は、売る側も飲む側も蔑称でした。   落語にでてくる地酒は田舎くさい野暮ったお酒の代名詞であり、   美味しい酒は町の有名な酒蔵が作っているお酒。   酒造は、江戸時代には2万以上、昭和もひと桁時代には約7千社ありました。   これは近所に必ず酒蔵が1軒あるという感じです。(羨ましい)   現在は酒蔵が約2000社。   そのために格付けが上がり、値段も上がっている気がします。   皆さん、飲みすぎには気をつけましょう。